Blog
2016年09月23日

今日は骨格補正の話の続きね。

 

 

頭の形でよく問題にされるワード、「ハチはり、ぜっぺき」 

今回は『ハチはり』解消をご紹介します。
まず『ハチ』がどこかと申しますと。
頭のてっぺんから耳にかけて丸みの強くなるところ。
こめかみのちょっと上あたり(ハチマキをまく部分)が出っ張っている頭の形のことです。
『ハチ』が出っ張っているとと、頭が四角く見えるんですね。
IMG_9226
IMG_9227
こんな感じに。
頭が大きく見えるし、フォルムがぼやっとしてメリハリがなく、お世辞にもカッコ良いとは言えません。
それがね、ハチ周りを意識してカットすると。
こうなります。
IMG_9228
IMG_9231
いかがでしょうか。抜群に清潔感あふれる男!!
メリハリが効き、頭も小さくみえるのではないでしょうか。
刈り上げの場合は単純にハチ周りを落とすだけ。刈り上げ幅等は気をつけた方がいいけどね。
こちらのお客さまも。
生えグセが強く、真四角に広がっています。
IMG_9232
IMG_9235
カット後はこんな感じ。
IMG_9236
IMG_9241
違いは歴然でしょう。
ハチの周りの補正は男性だけでなく、もちろん女性にも言えること。
短髪に限らず、方法はさまざま。
段構成や長さ設定、顔まわりの造りで驚くほどに違いが見えるでしょう。
こりゃ女性の回作らないとかな。
参考にしてくださいませ!!!